2007年10月11日

銀行の保険窓販12月全面解禁 自民容認方針

(2007年10月11日 読売新聞より引用です。)

保険窓販12月全面解禁 自民容認方針

 銀行の窓口であらゆる保険商品を販売できる「保険の銀行窓販」について、金融庁は10日、当初の予定通り12月22日に全面解禁する方針を固めた。12月の解禁には自民党に慎重論もあったが、来週にも自民党が金融調査会・財務金融部会の合同会議を開き、全面解禁を容認する意見で一致する見通しとなった。

 主に「生保レディー」を通じて契約していた医療保険などの保障性商品が、銀行窓口で購入できるようになる。窓口でたくさん売ってもらうために、生命保険各社も商品性を高めていくとみられ、競争により保険料も安くなりそうだ。

 保険商品の銀行での窓販を巡っては、銀行が融資と抱き合わせて中小企業の経営者などに保険を無理やり販売する「圧力販売」や、営業職員の雇用問題を懸念する慎重論が、一部の生保や自民党内にあった。しかし、自民党の合同会議の幹部は10日、「予定通りに解禁して、利用者の利便性を高めることが最優先だ」と述べた。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
これも規制緩和なんですけど。
保険料が安くなるということはいいことなんですけどね。
それにしても、銀行の窓口で販売することにより、圧力販売という恐ろしい状態も発生してしまうのは、びっくりしました。
なんでもかんでも規制緩和もよくないんですね。


保険ランキング




保険ランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。