2007年04月05日

保険の加入にクーリングオフ適用拡大

日経新聞 Nikkei Net(2007/03/31)より引用です。

クーリングオフ、保険店頭契約も対象・金融庁

 金融庁は2007年6月から、保険商品の契約で、申し込みから8日以内なら消費者が契約を解除できるクーリングオフの対象範囲を拡大する。

 店頭で契約を申し込んだ場合は対象外だったが、保険契約を結ぶ目的で来ていなかった時などをクーリングオフの対象として認める。

 保険商品の複雑・多様化に加え、銀行などに販売チャネルが広がっていることを踏まえ、契約者保護を強化する。


 例えば顧客が銀行窓口に定期預金の口座を作りに来た際に、保険を勧められて申し込んだ場合などを認める。保険の勧誘と知らされずに来店を求められて応じた顧客が、その日に保険契約してしまった場合も含める。


 これまでは1回目の保険料を払い込んだ後はクーリングオフできなかった。だが保険販売の担当者が顧客の自宅で契約から振り込みまでの手続きを済ませてしまった場合は例外とする。


 金融庁は今回の制度改正に合わせて、生命保険協会や日本損害保険協会などに対し、クーリングオフに関する苦情が来た際の対応の徹底や、各協会の関連自主規制の改正などを要請した。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
金融庁と生命保険業界といえば、何か、保険金不払い問題などの不祥事がらみかなと思いました。
これは、クーリングオフの適用範囲を拡大するという契約者にとっては、非常に、助かるニュースです。
このクリーングオフは決して、クリーニングオフではありませんので、気をつけてくださいね。
そんな、くだらないギャグはどうでもいいです。
いろんな適用範囲とか、除外とかあるみたいですけど、このような情報を知っているか、知らないかだけでも、役に立つと思いますので、チェックしていきたいと思います。



保険ランキング
この記事へのコメント
突然失礼します。
このたび「保険マニアック boxi.jp」を4月19日に運用開始をしました。
http://boxi.jp/
http://boxi.jp/modules/rssc/index.php
貴ブログについてリンク紹介させていただいています。
お許しいただければと思いご連絡させていただきます。詳細は下記URLをごらんいただければと存じます。
http://boxi.jp/modules/formmail/index.php?id_form=2
よろしくお願いします。
Posted by boxi事務局 at 2007年04月19日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。