2007年04月03日

日本生命保険と第一生命保険が初任給14年ぶり引き上げ

YomiuriOnline経済ニュース(2007/4/1)より引用です。

日生と第一生命、初任給14年ぶり引き上げ

 日本生命保険第一生命保険は、4月に入社する新卒社員の初任給を、1993年以来14年ぶりに引き上げる。

 日本生命は、大卒総合職で現行の17万5000円から20万5000円に、大卒一般職を16万2500円から18万5000円に、それぞれ引き上げる。第一生命は大卒総合職を現行の19万2200円から20万円に、大卒一般職を16万4750円から17万5000円にそれぞれ上げる。

 2008年度の就職戦線でも学生に有利な「売り手市場」が続くと予想されることから、初任給アップで優秀な人材を確保する狙いだ。株式市場の活況など運用環境が好転し、収益が増加していることも追い風となった。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
生命保険業界の大手の新入社員の初任給アップという非常に明るいニュースです。
このニュースで驚いたのは、生命保険業界といえば、高給取りのエリートというイメージがありましたが、意外と、初任給に関しては、低かったんですね。
上昇率がハンパではなかったんでしょうけど。
それにしても、保険業界も不払いなどの不祥事などがあったんですが、優秀な人材確保という大義名分のもと、初任給アップでしかも、14年ぶりという長い間、据え置きだったことに、正直驚きました。


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本生命保険
この記事へのコメント
突然のコメント失礼しますね。

私の シニア保険情報サイトで、
あなたのサイトの記事を紹介させていただきました。

この記事です
http://blog.livedoor.jp/senior27/archives/50079921.html

それでは、今後ともよろしくお願いしますね。
Posted by senior27 at 2007年04月03日 16:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。