2007年03月27日

住友生命保険が契約済み保険を値下げ・介護保障、支払い対象拡大

日経新聞 Nikkei Net(2007/03/24)より引用です。

住友生命、契約済み保険「値下げ」・介護保障、支払い対象拡大

 住友生命保険は介護保障保険に加入済みの約300万件の契約について、保険料を実質的に値下げする。4月から新商品で給付金の支払い対象を広げるのに併せて、従来商品の既契約分も保険料を据え置いたまま新商品と同じ保障内容に拡充する。生保商品では極めて異例の措置。新契約の獲得に偏重している経営戦略を見直し、既存顧客へのサービス向上で保有契約の維持も重視する姿勢に転換する。

 住友生命の介護保障保険はケガや病気で療養や介助が必要な状態になったときに給付金を支払う商品で、死亡保障などの主契約に付け加える「特約」タイプ。同社は4月2日から適用する新商品「かいごケア」を発売し、支払い対象にする症状を従来の公的介護保険制度での要介護4相当から、より介護の程度が軽い要介護2―3相当に広げる。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
生命保険業界で、今回のように、契約済みの保険を値下げするというのは、特例であり、まさにニュースになってしまっているんですけど。
この生命保険業界というのも、契約してしまった人にとっては、新しくいいサービスができても、恩恵を受けないという問題があったんですけど、今回の住友生命保険のケースは評価できますよね。


保険ランキング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。