2007年03月07日

業界初の女性役員誕生(生保レディー出身)

FujiSankei Bussiness i より引用のニュースです。

元生保レディ 日本生命初の役員に

 日本生命保険は5日、職域法人営業本部の矢崎妙子支配人(59)を25日付で執行役員に昇格させる人事を発表した。矢崎さんは保険販売を行う営業職員、いわゆる“生保レディー”出身者。大手生保の女性役員誕生が初めての上、生保レディー出身者という異例の人事となった。

 矢崎さんは執行役員就任内定について「大変光栄なことで、これまで私を支えてくれた方々のおかげだと思って感謝しています。今後も職員の代表として、お客さまと職員のために精いっぱい職務に努めます」とコメントした。

 矢崎さんは1971年に営業職員として日生に入社。千代田総支社(現千代田支社、東京都港区)に配属され、それ以来、営業一筋。全国の優秀営業職員を表彰する「グランプリ」にも選出される成果をあげ、99年には千代田支社支部長という営業職員を統括する立場になった。

 日生には全国117支社、1704拠点に約5万3000人の営業職員が在籍。顧客と密接なコミュニケーションを持つ営業職員の対面販売を重視しており、矢崎さんの執行役員就任によって、生保レディーの意欲向上を期待している。

<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
生命保険業界では、初の女性役員誕生というニュース。
それで、この矢崎さんは「元生保レディ」という経歴の持ち主なんです。
いまさらかとも思いますが、女性の活躍は、ニュースになる段階で、まだまだですね。と思わざるを得ませんが、めでたいことなので、とりあげました。
生保レディからの信頼を守って、活躍してほしいと思います。


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本生命保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。