2007年03月01日

世界最大級の保険会社の独アリアンツ、日本で生保事業に参入

Nikkei Net(2007/03/01)より引用です。

独アリアンツ、日本で生保事業に参入

 世界最大級の保険会社の独アリアンツは、日本の生命保険市場に参入する。生保を新設して銀行窓口で変額年金保険を販売する。将来は日本で生保と損保を傘下に持つ保険持ち株会社を設立し、総合的な保険サービスを提供する。米AIGや仏アクサに匹敵する大型外資の本格上陸で、国内大手も対応を迫られそうだ。

 アリアンツは損保を源流に持ち、生保や銀行を抱える巨大金融グループ。団塊世代の大量退職などを視野に、日本の変額年金市場の成長余地が大きいと判断した。新設する生保の資本金は数百億円規模になる見通し。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
日本の団塊世代の大量退職という一大イベントには、やはり、欧米諸国もだめって、見ているだけではないですね。
黒船来航ですね。
ドイツのアリアンツグループは損保を源流に持ち、生保や銀行を抱える巨大金融グループということですから、国内大手も、不祥事とかやってる場合じゃないですよね。
本当に、外資の参入は、保険業界だけでなく、いろいろな業界を巻き込んでいますね。



保険ランキング
この記事へのコメント
ファッション レディース [url=http://www.shoppingforconfinejp.pw/]カシオ 時計[/url] カシオ 時計
Posted by カシオ 時計 at 2013年08月03日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。