2007年02月03日

金融庁、生保38社に異例の命令、「支払い漏れ」再点検

asahi.com > ビジネス > 金融・財政 ニュースより引用です。

金融庁、生保38社に異例の不払い報告命令
2007年02月01日19時55分

 医療保険の特約を巡って大手生命保険会社保険金の不払いが見つかった問題で、金融庁は1日、生命保険全38社に対し、すべての保険商品について01〜05年度の不払い件数と金額を報告するよう保険業法に基づき命令した。生保業界は3月末をめどに自主調査をまとめる予定だったが、金融庁は「信頼できない」として、調査結果が判明する前に異例の命令に踏み切った。悪質な例が見つかれば、行政処分を検討する。

 生保の不払い問題では、がんなどの病気で一時金が支払われる医療保険の「3大疾病保障特約」で第一生命保険が先月、過去5年間に最大1800件50億円規模の不払いがあると発表。日本、住友、明治安田の大手3社でも計数千件の不払いが判明している。

 生保業界は明治安田生命の不払い問題などを受け、05年12月に自主調査に着手した。だが、すべての不払いを調べず抜き取り調査で済ませていた社もあり、金融庁幹部は「契約者保護の観点が抜け落ちた甘い調査」とみている。損害保険業界も当初の自主調査が不十分で、金融庁の報告命令で新たな不払いが次々と見つかった経緯がある。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
もともと、生命保険業界で自主調査、発表を行う予定だったんですが、金融庁が「どうも信頼できない」ということで、再度、異例の命令を生保会社38社に対して行ったということです。
それにしても、第一生命の不払い金の50億円規模というのは、なんともずさんというか、いいかげん過ぎて本当に怒れてきますよね。
まったく、契約者本位でないということは、このことですよね。
金融庁のこれからの動きにも注目したいと思います。



保険ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。