2007年01月25日

日本生命保険:生命保険料、一斉引き下げ・今春、死亡率改定で11年ぶり

Sankei Web News 経済ニュース(2007/01/25)より引用です。

日本生命、団体保険の保険料率改定へ 11年ぶり4月から
 日本生命保険は24日、4月2日から11年ぶりに団体保険の3商品の保険料率改定を実施すると発表した。保険料を決める基準である「標準死亡率」が4月に改定され、男女ともに12〜18%低下するのに伴うもの。

 今回日生が保険料率改定に踏み切った商品は総合福祉団体定期保険、団体定期保険、団体信用生命保険の団体保険3種類。保険料率は改定後、30歳では男女1.7〜5%引き上げ、35歳では据え置きとなる一方、25歳と40〜55歳では1.8%〜9.6%引き下げとなる。

(2007/01/25 01:08)

<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
11年ぶりに保険料の改定というニュースです。
年齢によって、引き上げもあれば、引き下げもあるんですね。
日本生命がこのような動きを発表したということは、ほかの生命保険会社の動きにも注目ですよね。
標準死亡率はかなり下がってますね。


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本生命保険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

日本生命、中年層中心に保険料値下げ 団体で11年ぶり改定
Excerpt: 東京新聞 経済のニュース (2007年01月24日の記事)より引用です。 中年層中心に保険料値下げ 日生、団体で11年ぶり改定 日本生命保険は24日、団体保険の保険料率を4月2日以降の契約分など..
Weblog: 保険ニュースにアタックチャ~ンス
Tracked: 2007-01-25 15:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。