2007年10月11日

銀行の保険窓販12月全面解禁 自民容認方針

(2007年10月11日 読売新聞より引用です。)

保険窓販12月全面解禁 自民容認方針

 銀行の窓口であらゆる保険商品を販売できる「保険の銀行窓販」について、金融庁は10日、当初の予定通り12月22日に全面解禁する方針を固めた。12月の解禁には自民党に慎重論もあったが、来週にも自民党が金融調査会・財務金融部会の合同会議を開き、全面解禁を容認する意見で一致する見通しとなった。

 主に「生保レディー」を通じて契約していた医療保険などの保障性商品が、銀行窓口で購入できるようになる。窓口でたくさん売ってもらうために、生命保険各社も商品性を高めていくとみられ、競争により保険料も安くなりそうだ。

 保険商品の銀行での窓販を巡っては、銀行が融資と抱き合わせて中小企業の経営者などに保険を無理やり販売する「圧力販売」や、営業職員の雇用問題を懸念する慎重論が、一部の生保や自民党内にあった。しかし、自民党の合同会議の幹部は10日、「予定通りに解禁して、利用者の利便性を高めることが最優先だ」と述べた。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
これも規制緩和なんですけど。
保険料が安くなるということはいいことなんですけどね。
それにしても、銀行の窓口で販売することにより、圧力販売という恐ろしい状態も発生してしまうのは、びっくりしました。
なんでもかんでも規制緩和もよくないんですね。


保険ランキング




保険ランキング

2007年07月05日

都道府県民共済が人気、「生保」契約で日生を抜く・3月末

日経新聞 Nikkei Net(2007/07/02)より引用です。

都道府県民共済、「生保」契約で日生を抜く・3月末

 「県民共済」や「都民共済」などの「都道府県民共済」の加入件数が伸びている。一般の生命保険にあたる「生命共済」は3月末、1年前に比べ6%増の1309万件となり、生保最大手の日本生命保険(1296万件)を初めて上回った保険金の不払いなどで大手生保が軒並み契約者を減らす一方、月1000―4000円の割安な掛け金で支持を得ている。

 同共済は全国生活協同組合連合会が運営。1973年に始まり、現在は38都道府県で手がけている。掛け金が2000円の場合、死亡時に数百万―1000万円、入院時に1日4000―5000円の共済金が払われる。1年契約で、共済金や事業費などを差し引いた残りは加入者に払い戻す。2006年度は収入の30%超を払い戻した。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
県民共済などの都道府県民共済のいいとことは、ズバリ、掛け金が安いということと、払い戻しがあるという部分ですよね。
単純で分かりやすいというのが、共済の魅力だと思います。
保険金の支払いとして使わなかった分を契約者に返却するという考えを生命保険会社も取り入れたらいいかと思うんですけど。
どんなもんでしょうか?
大手の生命保険会社はやはり、保険金の不払い問題などで、苦戦しているようですね。


保険ランキング

県民共済グループ躍進の研究
posted by Life insurance | Comment(0) | TrackBack(0) | 共済

2007年04月26日

明治安田生命、約款をわかりやすい表現に大幅見直し

日経新聞 Nikkei Net(2007/04/18)より引用です。

明治安田生命、約款をわかりやすい表現に・大幅見直し

 明治安田生命保険は2007年4月18日、保険契約者と保険会社が結ぶ契約内容の権利や義務などを定めた「約款」の表記を大幅に見直す

 条文で多用していた二重否定やかっこ書きなどのわかりにくい表現を改める。

 見出しを付けたり、図表を使ったりして読みやすくする。「責任開始期」「契約応当日」といった保険や医療の専門用語も平易な言葉に言い換える。

 文字も従来より1割大きくする。

 今年5月下旬に発売する新商品から採用し、既存商品は改定に合わせて順次見直していく。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
明治安田生命保険のニュースです。
生命保険契約の内容など、細かい条件などが、書かれた約款の見直しを発表しました。
これは、契約者サイドに立った動きであり、評価できることです。
表現が非常に分かりづらいので、これを平易な表現に改めるということですね。
字の印刷時の大きさも1割大きくするということです。
実際、これで、どの程度分かりやすくなったかという内容をチェックする必要もあるとは、思いますが、まずは、明治安田生命に1ポイント評価という感じですよね。



保険ランキング

posted by Life insurance | Comment(1) | TrackBack(0) | 明治安田生命保険

2007年04月05日

保険の加入にクーリングオフ適用拡大

日経新聞 Nikkei Net(2007/03/31)より引用です。

クーリングオフ、保険店頭契約も対象・金融庁

 金融庁は2007年6月から、保険商品の契約で、申し込みから8日以内なら消費者が契約を解除できるクーリングオフの対象範囲を拡大する。

 店頭で契約を申し込んだ場合は対象外だったが、保険契約を結ぶ目的で来ていなかった時などをクーリングオフの対象として認める。

 保険商品の複雑・多様化に加え、銀行などに販売チャネルが広がっていることを踏まえ、契約者保護を強化する。


 例えば顧客が銀行窓口に定期預金の口座を作りに来た際に、保険を勧められて申し込んだ場合などを認める。保険の勧誘と知らされずに来店を求められて応じた顧客が、その日に保険契約してしまった場合も含める。


 これまでは1回目の保険料を払い込んだ後はクーリングオフできなかった。だが保険販売の担当者が顧客の自宅で契約から振り込みまでの手続きを済ませてしまった場合は例外とする。


 金融庁は今回の制度改正に合わせて、生命保険協会や日本損害保険協会などに対し、クーリングオフに関する苦情が来た際の対応の徹底や、各協会の関連自主規制の改正などを要請した。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
金融庁と生命保険業界といえば、何か、保険金不払い問題などの不祥事がらみかなと思いました。
これは、クーリングオフの適用範囲を拡大するという契約者にとっては、非常に、助かるニュースです。
このクリーングオフは決して、クリーニングオフではありませんので、気をつけてくださいね。
そんな、くだらないギャグはどうでもいいです。
いろんな適用範囲とか、除外とかあるみたいですけど、このような情報を知っているか、知らないかだけでも、役に立つと思いますので、チェックしていきたいと思います。



保険ランキング

2007年04月03日

日本生命保険と第一生命保険が初任給14年ぶり引き上げ

YomiuriOnline経済ニュース(2007/4/1)より引用です。

日生と第一生命、初任給14年ぶり引き上げ

 日本生命保険第一生命保険は、4月に入社する新卒社員の初任給を、1993年以来14年ぶりに引き上げる。

 日本生命は、大卒総合職で現行の17万5000円から20万5000円に、大卒一般職を16万2500円から18万5000円に、それぞれ引き上げる。第一生命は大卒総合職を現行の19万2200円から20万円に、大卒一般職を16万4750円から17万5000円にそれぞれ上げる。

 2008年度の就職戦線でも学生に有利な「売り手市場」が続くと予想されることから、初任給アップで優秀な人材を確保する狙いだ。株式市場の活況など運用環境が好転し、収益が増加していることも追い風となった。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
生命保険業界の大手の新入社員の初任給アップという非常に明るいニュースです。
このニュースで驚いたのは、生命保険業界といえば、高給取りのエリートというイメージがありましたが、意外と、初任給に関しては、低かったんですね。
上昇率がハンパではなかったんでしょうけど。
それにしても、保険業界も不払いなどの不祥事などがあったんですが、優秀な人材確保という大義名分のもと、初任給アップでしかも、14年ぶりという長い間、据え置きだったことに、正直驚きました。


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(1) | TrackBack(0) | 日本生命保険

2007年03月27日

住友生命保険が契約済み保険を値下げ・介護保障、支払い対象拡大

日経新聞 Nikkei Net(2007/03/24)より引用です。

住友生命、契約済み保険「値下げ」・介護保障、支払い対象拡大

 住友生命保険は介護保障保険に加入済みの約300万件の契約について、保険料を実質的に値下げする。4月から新商品で給付金の支払い対象を広げるのに併せて、従来商品の既契約分も保険料を据え置いたまま新商品と同じ保障内容に拡充する。生保商品では極めて異例の措置。新契約の獲得に偏重している経営戦略を見直し、既存顧客へのサービス向上で保有契約の維持も重視する姿勢に転換する。

 住友生命の介護保障保険はケガや病気で療養や介助が必要な状態になったときに給付金を支払う商品で、死亡保障などの主契約に付け加える「特約」タイプ。同社は4月2日から適用する新商品「かいごケア」を発売し、支払い対象にする症状を従来の公的介護保険制度での要介護4相当から、より介護の程度が軽い要介護2―3相当に広げる。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
生命保険業界で、今回のように、契約済みの保険を値下げするというのは、特例であり、まさにニュースになってしまっているんですけど。
この生命保険業界というのも、契約してしまった人にとっては、新しくいいサービスができても、恩恵を受けないという問題があったんですけど、今回の住友生命保険のケースは評価できますよね。


保険ランキング


2007年03月07日

業界初の女性役員誕生(生保レディー出身)

FujiSankei Bussiness i より引用のニュースです。

元生保レディ 日本生命初の役員に

 日本生命保険は5日、職域法人営業本部の矢崎妙子支配人(59)を25日付で執行役員に昇格させる人事を発表した。矢崎さんは保険販売を行う営業職員、いわゆる“生保レディー”出身者。大手生保の女性役員誕生が初めての上、生保レディー出身者という異例の人事となった。

 矢崎さんは執行役員就任内定について「大変光栄なことで、これまで私を支えてくれた方々のおかげだと思って感謝しています。今後も職員の代表として、お客さまと職員のために精いっぱい職務に努めます」とコメントした。

 矢崎さんは1971年に営業職員として日生に入社。千代田総支社(現千代田支社、東京都港区)に配属され、それ以来、営業一筋。全国の優秀営業職員を表彰する「グランプリ」にも選出される成果をあげ、99年には千代田支社支部長という営業職員を統括する立場になった。

 日生には全国117支社、1704拠点に約5万3000人の営業職員が在籍。顧客と密接なコミュニケーションを持つ営業職員の対面販売を重視しており、矢崎さんの執行役員就任によって、生保レディーの意欲向上を期待している。

<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
生命保険業界では、初の女性役員誕生というニュース。
それで、この矢崎さんは「元生保レディ」という経歴の持ち主なんです。
いまさらかとも思いますが、女性の活躍は、ニュースになる段階で、まだまだですね。と思わざるを得ませんが、めでたいことなので、とりあげました。
生保レディからの信頼を守って、活躍してほしいと思います。


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本生命保険

2007年03月01日

世界最大級の保険会社の独アリアンツ、日本で生保事業に参入

Nikkei Net(2007/03/01)より引用です。

独アリアンツ、日本で生保事業に参入

 世界最大級の保険会社の独アリアンツは、日本の生命保険市場に参入する。生保を新設して銀行窓口で変額年金保険を販売する。将来は日本で生保と損保を傘下に持つ保険持ち株会社を設立し、総合的な保険サービスを提供する。米AIGや仏アクサに匹敵する大型外資の本格上陸で、国内大手も対応を迫られそうだ。

 アリアンツは損保を源流に持ち、生保や銀行を抱える巨大金融グループ。団塊世代の大量退職などを視野に、日本の変額年金市場の成長余地が大きいと判断した。新設する生保の資本金は数百億円規模になる見通し。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
日本の団塊世代の大量退職という一大イベントには、やはり、欧米諸国もだめって、見ているだけではないですね。
黒船来航ですね。
ドイツのアリアンツグループは損保を源流に持ち、生保や銀行を抱える巨大金融グループということですから、国内大手も、不祥事とかやってる場合じゃないですよね。
本当に、外資の参入は、保険業界だけでなく、いろいろな業界を巻き込んでいますね。



保険ランキング

2007年02月23日

平均介護保険料月2062円に導入7年で2倍

時事通信(2月21日)よりニュースです。

64歳以下、月2000円台に=来年度の平均介護保険料−厚労省

介護保険料 月2062円に 導入7年で2倍 給付抑制が課題 新年度厚労省見通し

 40〜64歳の介護保険料(労使折半)の1人当たり負担見込み額(平均年額)が2007年度に4万9476円となることが、厚生労働省の算定で21日分かった。

 前年度から4.0%増加し、単純計算だと自己負担分の平均月額は2062円と初めて2000円を超える。


 介護保険給付費は税と保険料で半分ずつ賄っており、40〜64歳の第2号保険料は全体の31%を負担。実際の各自の保険料は加入する医療保険や収入などで異なり、医療保険と一緒に徴収される。 


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
介護保険制度が導入された2000年度は1037円だったという介護保険料なんですけど、まだ、導入から7年間なんですね。
しかし、この7年間ででほぼ2倍となったしまったんですね。
その背景には、給付や保険料の急激な増加があり、生活にも影響を及ぼしそうですよね。
一点救いとしては、引き上げ幅は、前年度に比べて鈍化しているという点ですね。
ただ、今後、伸びが鈍化しても、下がることはないでしょうね。
(きっと)


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険

2007年02月16日

三井生命保険の顧客情報86人分が流出

日本経済新聞より引用です。

三井生命保険、顧客情報86人分が流出

 三井生命保険は15日、同社の契約者である千葉県保険医協会の医師86人分のリストが流出したと発表した。

健康状態や口座番号などに関する情報は含まれておらず、現段階で情報の不正利用は確認されていないと説明している。

流出原因や経緯について調査を進めており、警察にも通報済みという。


<<生命保険業界ニュースに対するコメント>>
三井生命保険の個人情報流出のニュースです。
86人の医師のデータということですね。
流出が既に判明しているということは、何か、悪用されてしまったんでしょうか?
原因や経路が調査中ということで、気になります。
通常は、ノートパソコンが盗まれたとか置き忘れたというのが、多かったんですが、原因不明というのが、非常に気になります。


保険ランキング
posted by Life insurance | Comment(0) | TrackBack(0) | 三井生命保険
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。